名古屋ななつ星デンタルクリニック

ご予約・ご相談はこちら
インプラント

インプラント

implant

このページの目次[開く]

名古屋ななつ星デンタルクリニックのインプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。
歯は、目で見える部分の歯と、そ歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
その失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上にアバットメントと呼ばれる支台部を取り付け、最後に人工の歯(上部構造)を取り付けます。 「インプラントと差し歯は何が違うの?」と聞かれることもありますが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

インプラント治療の歴史

1965年から50年以上の歴史

1965年から50年以上の歴史

歯科医院で使用するインプラント体は、チタン製のものがほとんどです。
チタン製のインプラントはおよそ1965年頃から主流になり、現在まで50年の歴史があります。
1952年スウェーデンの整形外科医であったペル・イングヴァール・ブローネマルク教授は当時ウサギを使った研究を行っていました。ウサギのスネの骨にチタン製の生態顕微鏡をとりつけて骨の治療過程で、骨髄がどのような役割を果たしているかを観察実験を行っていました。
実験後、生体顕微鏡を回収しようとすると、なんとチタンと骨がくっついてはずれなくなってしまうトラブルに見舞われます。
その後、ブローネマルク教授は骨とチタンの関係に興味をもち、動物実験を経て1962年から人間にインプラント治療を行うようになりました。最初の患者さんはブローネマルク博士の友人で、生まれつき顎の骨が弱く、数本しか歯が無かったそうです。最初のインプラント手術は無事に成功し、彼が亡くなるまで40年間もの間、インプラントは問題なく機能したとされています。

インプラント欠損別治療法

 歯1本の欠損の場合

歯1本の欠損の場合

歯は歯根が歯槽骨(歯根を支える骨)に固定されていますが、歯周病や虫歯で歯を失くした場合は徐々に他の骨に吸収されて歯骨がやせていくため、治療を急ぐ必要があります。また両隣の歯の支えをなくすと失くした部分の両側の歯が傾き、動くという危険性も持っています。
歯の移動や骨の吸収については個人差があり、欠損箇所によっても異なります。加えて歯が1本動くとそれ以外の歯も同様に動き、しまいには全ての歯が少しずつ動いて咬合に不具合が生じます。

■歯1本の欠損の治療方法

歯を失くした部分にインプラントを1本埋め込みます。
他の治療のように周囲の歯を削る必要はないので、治療完了時にはまるで自分の歯のようにものを噛むことが可能に。顎や周囲の歯を健康に保つことができます。

2~3本の欠損の治療方法

2~3本の欠損の治療方法

2本以上の歯を失くした場合、単歯欠損時よりも歯槽骨の吸収や収縮が早まります。それと同時に支えを失くした周囲の歯が動き始めるため、咬合が崩れたり他の歯に必要以上の負担がかかったりしてより多くの歯を失うリスクが高まります。
また骨の厚みが足りないときにはインプラントをすぐに埋入できず、治療の幅が狭まることもあります。

■2~3本の欠損の治療方法

部分義歯による治療の場合、残った歯を支えにする必要があります。義歯のバネ部分が周囲の歯に負担をかけることや、治療後の義歯では噛みづらいために使用を避けるようになり、余計な負担がかかった他の歯が欠損してしまうということもあります。
インプラントであれば、歯を失くした部分にインプラントを埋め込みます。2~3本のインプラントを埋め込みますが手術時間は40分~90分程度で終わります。
インプラントを埋入すると残った歯に負担をかけることもなく、自分自身の歯のような見た目や使い心地を取り戻すことが可能です。

 歯をすべて失くしている場合

歯をすべて失くしている場合

歯をすべて失くした状態で長期間放っておくと、骨の吸収が進行して顔の形が変わることがあります。歯の支えがないことで頬や鼻下が徐々に内へくぼんでいき、通常は見られない形のしわができるのが特徴です。

■総入れ歯の治療方法

総入れ歯の場合、すべての歯をインプラントにするとそれに対する費用がかかります。
名古屋ななつ星デンタルクリニックでは、オールオンフォーインプラントを行っており、オールオンフォーは埋め込むインプラントの本数が最低4本なので、通常のインプラント治療に比べて費用を抑えて多くの歯を取り戻せます。
また最短1日で仮歯を装着できるため、治療したその日で天然歯のような口元を取り戻せます。



当院のインプラント治療の特徴

 切開後を残さない丁寧な手術と、こだわりの器具

切開後を残さない丁寧な手術と、こだわりの器具

インプラントは、骨を削りインプラント体を埋め込むという手術を伴います。骨をいかに小さく削るかによって患者様の身体的負担が左右され、手術後の痛みや腫れ、感染症の有無にも影響するのです。
当院では最新の器具を多数導入しており、例えば“超音波メス”では、最小範囲の骨を安全に削ることが可能です。
また患者様一人ひとりにあった器具を用意しており、例えば上顎洞粘膜の剥離に使う器具は、様々な長さ・太さのものを取り揃えています。
さらに器具だけでなく技術にも強いこだわりがあり、術中の切開時のラインをきれいな直線で行うことで、縫合~術後の歯茎形成がスムーズに行われます。
また縫合を丁寧かつ細かく行うことで、手術後の感染症を防ぐことも可能です。 こうした一つひとつの基本手順を丁寧かつ確実に行うことが、手術時間の短縮や、術後の身体的負担軽減に繋がります。

 高評価の“ストローマン(ITI)インプラント”を採用

高評価の“ストローマン(ITI)インプラント”を採用

インプラントメーカーは様々ありますが、当院では、ストローマン社製のインプラントを採用しています。世界40ヶ国以上で使われており、厳格な国際基準にも合格できる品質であるため患者様に自信をもっておすすめができるのです。
ストローマンインプラントは、インプラントメーカーの中で質が高く、その分価格も高額なケースが多いですが、当院ではすべての患者様に良いものを使ってほしいという思いから、ストローマンインプラントを最適な料金でご提供いたします。

ストローマン(ITI)インプラントは特殊な表面構造が特徴で、通常は3ヶ月~半年程度必要な免荷期間を、わずか1ヶ月半にまで短縮可能。手術後の不便さを軽減させられます。

 上部構造には丈夫かつ美しさが魅力のジルコニアを使用

上部構造には丈夫かつ美しさが魅力のジルコニアを使用

ジルコニアは通常のセラミックに靭性と強度が高いとされており、インプラント治療に重宝されています。
しなやかで強い素材なので埋入したインプラントに被せる人工歯が摩耗・欠損しづらく、さらに表面が滑らかであるゆえにプラークがつきにくいため歯を衛生的に保つことが可能です。
ジルコニアのアバットメントと組み合わせれば、見た目の美しさと機能を兼ね備えた最高ランクの人工歯を作ることが期待できます。

難症例にも対応可能

難症例にも対応可能

当院では顎の骨に厚みが足りない、糖尿病など、難症例により他院での治療を断られてしまった場合も対応できる場合がございます

骨が足りない場合の治療方法:
・サイナスリフト、ソケットリフト
・オールオンフォー
・各種骨造成など

名古屋ななつ星デンタルクリニックでは上記のようなインプラントメニューを様々用意していますので、難症例インプラントが可能です。これまで他院で断られた方をたくさん見てきましたので、他院で治療を断られた方も、最後の駆け込み寺として諦めず当院へご相談ください。

 手術には安心安全の静脈内鎮静法を採用

手術には安心安全の静脈内鎮静法を採用

院長近藤は、これまで総合病院の歯科口腔外科で多くの症例を手掛けてまいりました。対応可能な治療は幅広く、患者様の治療箇所だけでなく全身状態を把握・管理しながら治療を行うことが可能です。
インプラント手術に用いる静脈内鎮静法では、手術前に点滴を実施。 点滴を通して止血剤や腫れ止め、痛み止めといった抗生物質を体内に入れるため、手術後の痛みや腫れ、感染症のリスクを低減します。 また手術に対して不安感が大きい方も、静脈内鎮静法を用いれば手術中は血圧を安定させることが可能です。

 手術室・CT機器の完備

手術室・CT機器の完備

当院に導入している歯科用CTは、精度の高い3次元画像を撮影できるだけでなく患者様にとって安全である点が特徴的です。
パルス照射で被ばく線量が少なく、症例によっては撮影範囲を設定することができるのです。
CT画像を撮ることで、顎や歯の骨を立体的に確認することができ、精度の高い診断を行うことができます。
当院ではインプラント治療の事前検査はもちろん、手術を伴う症例や重篤な歯周病などにおいて歯科用CTを惜しみなく用います。
また治療中は細菌感染を防ぐために手術室も完備しております。完全個室になっていますので、患者様により安心して手術を受けていただける空間を設けております。

インプラントの実績

 経験豊富な院長が治療を担当

経験豊富な院長が治療を担当

院長近藤は、以前は総合病院の歯科口腔外科に勤めていましたので、数々の症例を担当し、インプラント手術の経験も豊富です。
他院では治療を断られる場合もある難症例も幾度となく手掛けており、様々な難症例に対応することができます。

また当院では院長を始め、スタッフ一同が常に新たな知識を取り入れるためにセミナーや学会へ積極的な参加をしております。 例えば骨が薄い方に適した“サイナスリフト”という手術は開院当初より実施していますが、年々治療技術はアップデートされ速度も高まっているのが特徴です。
院長は当院だけでなく県外への出張手術も手掛けており、地域を超えインプラント治療を提供しております。

当院のインプラント治療メニュー

 1本~複数本のインプラント治療

1本~複数本のインプラント治療

一生安心してお使いいただけるように丁寧にインプラント手術を行います。 どれだけインプラントが安心安全で優秀なものでも、もちろん天然歯にはかないません。 名古屋ななつ星デンタルクリニックではなるべく歯を残す方向で治療を行います。しかしどうしても難しい場合はインプラントをご提案いたします。しかしインプラントは決して安価な治療ではありません。一生に1度治療するかどうかの治療を最高のものにするために、丁寧にインプラント手術を行います。 インプラント治療には設備や器具にも力をいれ、技術にも磨きをかけ、痛みや腫れを抑えた治療を行います。しっかり見た目の仕上がりにこだわりをもって治療を行います。

 総入れ歯の方に向けたオールオンフォーインプラント

総入れ歯の方に向けたオールオンフォーインプラント

重度の歯周病の方や、総入れ歯の方も1日の手術で仮歯が入ります!
オールオンフォーインプラントでは、上下の顎に最低4本のインプラントを埋入し、総入れ歯の形をした上部構造を固定することで、見た目と噛み合わせを回復させるインプラント治療です。
オールオンフォーでは少ないインプラントの本数で治療がすむので、患者様の体への負担が少なく、治療期間が短いのが特徴です。

また、インプラントを何本も入れる必要がないため、1本ずつインプラント体を埋入する従来のインプラント治療と比較すると治療費用を大幅に抑えることができます。

名古屋ななつ星デンタルクリニックでは名古屋や、出張インプラントでこれまでたくさんのオールオンフォーの患者様を手術してきました。豊富な症例から的確な治療計画をご提案いたしますので、他院で検討されている方も、気軽にセカンドオピニオンとしてご相談ください。

インプラントの料金について

無料のインプラント相談・CT診断

無料のインプラント相談・CT診断

当院はインプラントご検討の方に無料のインプラント相談、CT撮影を行っています。他院で相談された方のセカンドオピニオンもお受けしておりますので、気軽にご相談ください。

正確な診断結果をお届けしたいとい想いから、当院ではCT撮影を無料で行い具体的な診断が出来るようにしています。

所要時間は30分~1時間ほどで行っています。

インプラントの保証に関して

当院では、皆様に安心してインプラント治療を受けていただく為に、5年間保証を実施しております。 保証期間中に破損や脱落、不具合が生じた場合、無償にて再治療をさせていただきます。

下記の場合には保証期間中であっても一部、または全部が有料となりますのでご注意ください。

・患者様の不注意、外傷などによる場合
・無理な使用や当院の指示に従わない状態で使用した場合
・当院が指定した定期健診にいらっしゃらなかった場合
・診療時に全く予想ができない変化が、全身、口腔内におきた場合
・状態の悪い歯を患者様の選択により治療した場合

~インプラント費用の相場は?~

インプラント1本あたりの相場は30~50万円程度とされていますが、歯科医院によってまちまちです。

そもそも歯科医院でのインプラント治療は医療保険が適用されず、受診する症例や医療に関により料金が変動します。

これは歯科医院の設備や専門医のスキル、用いる器具などにより医療機関側が自由に価格設定を行うことが理由です。 加えて地域によっても相場が異なり、都市部は全国平均より5~10万円程度高い傾向にあります。 また国立大学での治療となれば、各資料で費用が設定されているため1本あたり50万円ほど必要です。

そのような状況の中、当院ではデンタルローンの活用や、極力費用を抑えられるよう努めています。 基本的には1本あたり30万円で、10年の保証もついており安心です。 治療費用や支払いに関して不安がある方は、当院スタッフへお声かけください。

インプラント担当ドクター

 院長近藤が相談・治療を担当

院長近藤が相談・治療を担当

インプラント治療が簡単な骨の状態や噛み合わせの状態の方もみえれば骨造成をしっかり行わないとインプラント治療が難しい方もみえます。

全ての患者様のインプラント治療を成功させるために、名古屋ななつ星デンタルクリニックでは、他院でもインプラント手術を行っている院長の近藤が責任持って行います。

「一生を通じて“おいしい”感動、“笑う”喜びを」を理念に掲げ、質の高い治療と予防を実行し、地域医療に貢献したいと考えております。

インプラント治療の万全の設備

充実の器具と設備

充実の器具と設備

インプラントを安全安心に手術を行うには、手術の設備や器具が大切です。当院はすべての患者様に安心のインプラントを提供するために最適な環境設備を整えています。

■ 骨の精密診断CT トロフィーパンプロ

精密な手術に必要なCTを導入しています。
当院のCTは世界で最も少ない被ばく量のトロフィーパンプロCTを導入していますので、安心して、CT撮影を行うことが可能です。

■ 完全個室のインプラントの手術室

インプラントの手術は完全個室で行います。
プライバシーへの配慮だけでなく、無菌状態で治療を行う為に手術室は必要不可欠です。リラックスして治療を受けて頂けます。

■ 痛みの少ない静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は点滴で鎮静剤を投与して"うたた寝"に似た状態をつくり出すことで、恐怖心を感じることなく、安心して治療を受けられます。

部分麻酔のように意識のはっきりしている麻酔に比べて、うたた寝状態で治療の痛みや不快な音などなく、実際に受けられた患者さんの満足度も非常に高いです。

■ 骨を超音波で削るバリオサージ

バリオサージは超音波振動により、骨を削る機器です。
血管や神経などの軟組織を傷つけることなく骨だけを切削することが可能で、術後の回復が従来の治療よりも驚くほど早く、術後の出血や腫れ、痛みが軽減されます。

インプラントの治療の流れ

 1.インプラント無料相談

1.インプラント無料相談

無料相談ではインプラント治療に対する疑問や不安を解決していただくために、インプラント治療経験が豊富な院長が、費用やメリット・デメリットも含め、しっかりとご説明します。 当院では、患者様のインプラント希望部位の状態を把握するために、無料でCT撮影を行い、正確な診断を行います。

2. インプラントの埋入手術

2. インプラントの埋入手術

手術時間は、1本の場合30分程度、複数本(2本~4本)の場合は45分~90分程度となります。インプラント治療と骨造成手術を併用される患者様の場合は、1時間程度かかる場合があります。

埋入本数が多い場合や、左右にまたがる手術では、静脈内鎮静法をおすすめしています。

■抜糸後アバットメントを取り付けるまで
抜糸後、インプラントが骨と結合するのを待ちます。
当院のインプラントは、ストローマン社製のインプラントです。通常であれば骨に結合するまで3ヶ月~半年ほど期間を要しますが、1ヶ月半~2ヶ月程度での結合が可能です。

3. アバットメントの取付け

3. アバットメントの取付け

2回法のインプラント手術の場合は、治癒期間終了後に2次手術が必要になります。
2次手術は、1次手術のような複雑な手術ではなく、骨と結合したインプラント体にアバットメントをとりつける手術で、1本当たり10分程度で手術が終了します。

4. 被せ物の取り付け

4. 被せ物の取り付け

歯肉の傷が治ったら、インプラントの上に被せる人工歯の型取りを行い、最終的なかぶせ物を完成させます。そして出来上がったかぶせ物を取り付け、かみ合わせを調整し、インプラント完成です。

5.メインテナンス

5.メインテナンス

手術後、インプラントを長くお使いいただくためには、メンテナンスが非常に重要になります。口腔内をきれいにすることで、歯周病のリスクが大幅に下がりますので、定期的にご来院ください。

インプラントの不安(痛み、危険、リスク、失敗)

 インプラント治療にこんな不安はありませんか?

インプラント治療にこんな不安はありませんか?

インプラントのリスクを考えられる方もいますが、インプラントは一般的に9割以上が成功するとされており、外科手術を伴う治療の中では比較的高い安全性を誇っています。
まるでご自身の天然歯のように、ものを噛めて普段通りの日常生活を送ることができるのでインプラントは、数多くのメリットをもつ魅力的な治療方法といえます。
しかし、手術が痛そうであったり、高額なので失敗したくないと不安を抱えている方も少なくありません。
ななつ星デンタルクリニックではカウンセリングで、ご不安に思われていること気になる点にしっかりとご説明させていただきます。些細なことでも結構ですので、何でもお気軽にご相談下さい。

ページトップへ戻る
tel:0529753383 WEB予約