今回は唾液が減ることによって起こるさまざまな影響についてご紹介します。
治癒期間

【目次】
・唾液が減ると?
・唾液が減ることで起こる歯への影響
・唾液が減ることで起こるお口への影響
・唾液を増やすための方法

・唾液が減ると?
唾液が減ることを『ドライマウス』といいます。ドライマウスは全身疾患や薬の服用、
ストレスなどで唾液の分泌が低下して口の中が乾燥する状態のことです。

・唾液が減ることで起こる歯への影響
1虫歯
唾液はプラークがつくり出した酸を中和させます。これが再石灰化とよばれるもので、唾液の効果によって自然と私たちの歯は虫歯にならないように守られています。しかし、唾液の量が減って再石灰化の効果がなくなると酸によって歯が溶かされ虫歯ができてしまいます。

2歯周病
私たちの歯や歯ぐきの表面は常に唾液によって保護され、自浄作用によって細菌を退治しています。しかし唾液が減ることによって歯周病菌の活動が活発になり、歯周病が進んでいきます。歯茎が腫れて出血しやすくなり、歯周病が悪化します。

 

・唾液が減ることで起こる口への影響
1口内炎ができやすくなる
唾液が減って口の中が乾燥すると口内炎ができやすくなります。特に歯が接触する唇の内側や頬、舌の横は傷がつきやすく、粘膜が炎症を起こしてよくできる部位です。また、抗がん剤治療や放射線治療を受けている人は耳、顎、舌の下にある3か所の唾液腺がダメージを受けて唾液が出づらくなります。そのため、口内炎が沢山できたりお口の中が荒れてひりひりするといった症状が起こります。

2カビが生える
口の中にカビができることを「口腔カンジダ症」と呼びます。
これは感染症のひとつで、体の抵抗力が低くなったときや免疫を抑える薬や抗菌薬を使っている場合に発症しやすいです。

3強い口臭
口の中が乾燥すると、もともと滞在している細菌が一気に増えます。歯についている菌だけでなく、舌の上にも菌が溜まり、強く口臭が気になるようになります。特に夜寝ているときはだ液の分泌が減るのでお口の中が乾燥しやすい状態です。そのため、朝起きたときにお口の臭いが気になるという人が多いのです。

4味覚障害
貧血や消化器疾患、肝臓病、糖尿病、甲状腺疾患、腎疾患などの疾患をお持ちの方は免疫力の低下や薬の副作用によって唾液が減り、味覚障害を招くことがあります。
また、顔面神経麻痺や脳出血、聴神経腫瘍、糖尿病など味覚を伝達する神経の経路が異常をきたすことで味覚障害が起こります。このような疾患によって唾液が減り、味覚障害が起こっている場合にはそれぞれの原因疾患の治療が必要になります。

・唾液を増やすための方法
1食事はよく噛んでたべる
よく噛むことで刺激が与えられ、唾液の分泌を促します。
一口に対して、20~30回ゆっくり噛んで食事をする習慣をつくりましょう。

2リラックスする時間をつくる
唾液の分泌は、自律神経(副交感神経と交感神経) によって調節されています。
リラックスした状態ではサラサラの唾液が多く分泌され、口の中が潤います。
反対に緊張したり、ストレスが溜まっているときはネバネバした唾液が分泌されます。
お口が乾いていると感じたときは自分に合ったリラックスできる方法を実践しましょう。

3口や舌の体操
「あーいーうーべー」と声を出しながら、お口を大きく開けたり閉じたり広げましょう。
このようにお口の周りの筋肉を動かしながら発音することで唾液腺が刺激され、唾液の分泌を促します。

ななつ星デンタルクリニック