コロナによって、口腔内の状況が悪化しているのはご存知でしょうか?
問題点を挙げていきます。

【目次】
マスクによる口呼吸
リモートワークで唾液量の減少
自宅にいる間に炭酸飲料を飲み続けて、初期虫歯が急速に悪化
高齢者は筋力不足となり、診療台から起きられない
子どもなりに不安を感じ、指しゃぶりの頻度が多くなったり、毛をむしったりする
中高生は夜更かしなど不規則な生活で口腔内環境が悪化
一番の大きな問題「噛みしめ」

マスクによる口呼吸


マスクは相手を尊重するものとして扱われ、今では必需品です。
マスクは鼻まで覆わないといけないので、マスクに慣れてない人にとっては息苦しく、辛いものです。
そうなると正常の鼻呼吸が難しく、口呼吸になってしまいます。
口呼吸になると口腔内が乾燥して、虫歯のリスクや唾液量の減少、体調を崩しやすいといったトラブルが増えてきます。
また、前歯が着色しやすくなります。

リモートワークで唾液量の減少
在宅で仕事するリモートワークをする患者さんが増えてきています。
誰とも話さずに黙々と仕事をしていると、唾液の量が減ってきます。
唾液には口腔内環境を良くしてくれる様々な作用があるので、それが少なくなると口腔内環境が悪化します。

自宅にいる間に炭酸飲料を飲み続けて、初期虫歯が急速に悪化


歯並びが悪い人は、虫歯になりやすいといわれます。歯並びが悪いとものをかむときに、歯全体ではなく一部にのみ強い力がかかるようになります。すると、その部分のエナメル質が割れて虫歯になりやすくなるのです。歯並びが悪いと、歯磨きがしにくくなるので、虫歯菌のえさとなるプラークや食べ物のかすが詰まりやすくなり、虫歯を引き起こします。
また、歯並びが悪いと、口をきちんと閉じていることができなくなります。常に口が開いている状態が続くと、口の中が乾燥して唾液の量が減ってしまいます。

高齢者は筋力不足となり、診療台から起きられない
持病などで外出を控えて、高齢者が家にいることが多くなり、その結果筋力不足になっています。
今まで健康に気をつけて、ジムに行っていた人も行くのをやめたり退会したりしているようです。
そのため、座り降りする診療台から起き上がれなくなってしまいます。

子どもなりに不安を感じ、指しゃぶりの頻度が多くなったり、毛をむしったりする

食生活に問題なく、口内ケアもしているのに虫歯になりやすいという場合は、歯の質などの遺伝的な要素のほか、かみ合わせなどの要因があるかもしれません。虫歯治療とともに歯列矯正が必要になることもあるので、歯科へ相談することをおすすめします。

中高生は夜更かしなど不規則な生活で口腔内環境が悪化
YoutubeやNetflixなど手軽に動画を見られる時代で、またお家時間が増え、不規則な生活を送る人が多くなりました。
その結果、特に中高生の口腔内が悪化し、虫歯や歯肉炎、口内炎や口臭など症状を訴える人が増えました。

一番の大きな問題「噛みしめ」
マスクをすることによるストレス、感染しないよう神経質になる、いつもいない家族が在宅でずっといることによるストレス…
様々なストレス等で噛みしめている患者さまがとても多いです。
その結果、歯にひび割れが生じ、知覚過敏や虫歯、歯周病の悪化、噛み合わせの痛みが発生しています。
中には歯が割れてしまって、抜歯を余儀なくされるケースもあります。

基本的に、唇は閉じてるけど、上下の歯は1mmくらい離れていて、舌は上顎に軽くついてる姿勢が正しい姿勢です。

ななつ星デンタルクリニック