今回のブログでは自分でまたは歯医者で歯を白くする方法を一挙ご紹介します!

【目次】
1自宅で歯を白くする方法
2歯医者で歯を白くするクリーニング
3本来の歯の色を白くする治療
4まとめ


1自宅で歯を白くする方法
①ホームホワイトニング

マウスピースと専用のジェルを使って自宅で歯を白くする方法です。
メリット
自分の好きな時間を選んでホワイトニングを進めることができる
白くなったあと1年程白さをキープできる
デメリット
保険が適応でない


②白くなる歯磨き粉を使う


メリット
歯磨き粉の中に入っている研磨剤などの成分で着色を落とします
デメリット
含まれている研磨剤や清掃剤によって強く磨くと表面が削れやすい

 

③スポンジタイプのホワイトニング

研磨剤とスポンジでつくられた歯を白くするスポンジ歯磨きです
メリット
歯の表面についたタバコのヤニや飲み物の着色をこすって落とす
即効性あり
デメリット
研磨剤によってこすりすぎると歯の表面が削れる

 

④歯を白くするマニキュア

歯を磨いたあとに表面を乾燥させてマニキュアを塗って白くする方法です。
メリット
塗った部分が白くなるので即効性あり
デメリット
塗り方によって色ムラがでます
一時的に白くなりますが、キープ力が低い

 

2歯医者で歯を白くするクリーニング

①PMTC

歯科専用のブラシとペーストを使って歯の表面を磨くクリーニングです。
日常の歯磨きでは取り切れない着色物やむし歯・歯周病の原因となるプラーク(細菌のかたまり)を除去します。
飲み物の着色やタバコのヤニが付いている部分は研磨粒子を含むペーストを使って磨くことでなくなり、本来の歯の白さを取り戻すことができます。

②エアフロー

水と微粒子パウダーでジェット水流のように着色を除去するクリーニングです。
勢いよく噴霧することで強固にこびりついた着色も短時間で一気に落とすことができます。
PMTCとくらべて超微粒子パウダーによって歯の表面、被せ物や詰め物を傷つけることなく着色やプラークを落とすことができるので歯にやさしい最新のクリーニングです

3本来の歯の色を白くする治療
①ホワイトニング
歯医者で行うオフィスホワイトニング=早期に白くする
自宅で行うホームホワイトニング=自分のペースで白くする

メリット
・安全な薬剤を使って歯を白くします
デメリット
・保険が適応でない
・多少の色の後戻りがある

 

②セラミック治療

自分の歯を土台として上からセラミックの被せものをして歯を白くします

メリット
・セラミックは自分の歯のように透明感とツヤがあり変色しない
・汚れが付きにくい素材、汚れがついても歯ブラシでサラッと落とせます
デメリット
・保険が適応でない
・自分の歯を削る必要がある

まとめ
今回のブログでは、「自宅」と「歯医者」でできる歯を白くする方法を一挙ご紹介しました。
歯に付いた着色やタバコのヤニを落として白さを取り戻すのか、
本来の歯の色を白くするのかによって治療方法は様々です。
自分に合った方法や理想の白さを決めて歯を白くする計画を立てていきましょう!

ななつ星デンタルクリニック