【目次】
◎自分で行う歯石取りは危ない?
◎歯医者で行う歯石取り
◎歯石取りの流れ
まとめ

◎自分で行う歯石取りは危ない?
爪楊枝や先の尖ったものを使って歯石が付いているところをガリガリ触るとポロっと歯石が取れることがあります。大きなかたまりが取れるとスッキリしますよね、
しかし、自分で歯石を取ることは大変危険であまりおすすめしません。
それはなぜか、そして歯医者で行う歯石取りと比較していきましょう!

1歯ぐきや根面を傷つけてしまう
歯石を取る歯科衛生士は、器具の種類や使い方、動かし方を学校や実習で学び臨床に出ています。自分流で歯石を取っていると歯ぐきを傷つけて出血する、歯石と一緒に歯の根面を削ってしまうことがあります。一度削ってしまった自分の歯は簡単に再生できません。

2歯石の取れる範囲が限られる
見えるところはきれいに取れても歯の裏側や重なって生えている部分、奥歯の頬が被っている部分は歯石が残ってしまいます。このようなところは歯周病やむし歯のリスクが高くなり、そのまま放置していると悪化してしまいます。

◎歯医者で行う歯石取りのアイテム

▷超音波スケーラー

キーンという音と一緒にお水が出る機械が超音波スケーラーです。
これは超音波の持つ作用によって効率的に歯石を破壊し取り除きます
水が同時に出ることで歯石を取りながら溜まっている細菌を洗い流すことができます

▷手用スケーラー

ガリガリと音をたてながら手のちからで歯石をとるときに使う機械手用スケーラーです。
これは主に歯ぐきの中に押し込まれた歯石を取るときによく使います。
お水が出る機械でしみる方はこちらの機械をつかって丁寧にお取りします。

◎歯石取りの流れ

Step1歯ぐきの検査
歯周ポケットの深さを測ります
触ったときに出血・排膿がないか確認します
この結果をもとに治療計画を立て、進めていきます

Step2歯ぐきの上の歯石取り

こちらの写真のように歯ぐきの上に付いている歯石を取ります
歯石を取ることで歯ぐきの腫れや赤みが落ち着きます
あわせてこのタイミングで歯ブラシの当て方のアドバイスをしますので
家でも歯石の原因となるプラーク(細菌)を減らすことができます。

step3歯ぐきの中の歯石取り

検査でポケットが深いところ(4㎜以上のポケット)と歯茎の中に歯石が溜まっている部分は歯ぐきの中のお掃除をします。
この治療をすることで歯ぐきの中の歯石や細菌の数が減り、歯ぐきが引き締まります。
ポケットも浅くなることで、再度汚れや歯石が中に溜まるのを予防します。

step4メンテナンス
3ヶ月間隔で歯ぐきの検査と歯石取りを行います。
治療が終わってからも定期検診を続けると良いことは以下の3つです。

・ハブラシが届きづらい部分の歯石やプラークを取ります
・歯石を取ることで歯のキワや歯間部にハブラシが届きやすくなります
・長期間歯ぐきの中に細菌が溜まって歯周病が悪化するのを防ぎます

・まとめ
今回は歯医者で行う歯石取りについてご紹介しました。
自分で行う歯石取りと違うことは『事前の検査で診断すること』と『安全性』です。
まずは検査によって目でみてわかる歯石以外に炎症や歯周病の進行具合を確認します。
検査結果に応じて歯茎のキワの歯石を取るだけでよいのか、歯ぐきの中まで歯石を取る必要があるのかお伝えして一緒に治療計画を立てていきます。
この歯石取りを担当するのは歯科衛生士です。
患者さんの歯石の硬さやしみる症状はないか、その方に合った方法を選択して安全に歯石取りを行います。

ななつ星デンタルクリニック