私たちのお口の中には数えきれないほどの細菌がいるのを知っていますか?

今回のテーマ歯周病と歯肉炎はこの細菌によって起こる病気です。
それではこの2つの違いをご紹介していきます!

【目次】
第一章 はじまりは歯肉炎
第二章 進行すると歯周病
第三章 歯周病菌の大暴走!
第四章 歯肉炎を治したい
第五章 歯周病を治したい
最終章 まとめ

 

【第一章】はじまりは歯肉炎

毎日の歯磨きでうまく磨けていないところには知らないうちに細菌が集まって細菌のかたまりができます。

これが歯と歯茎の境目に長時間残っていると、歯周病菌が一気に増えます
このとき実際の歯ぐきでみられることは『歯ぐきの腫れ』と『歯ぐきからの出血』です
歯を磨いたときにいつも出血する人は要注意です。

そして下の写真をご覧ください。鏡で自分の歯ぐきをチェックしたときに同じような歯ぐきの赤み、腫れ、ぷにぷにしている方は歯肉炎になっています。

★point

歯肉炎は歯を支える骨まで炎症は進んでいません

 

【第二章】進行すると歯周病
歯肉炎を放っておいてさらに細菌が増えていくと、人のカラダはだんだんダメージを受けて後退していきます。
ここで歯ぐきに起こるのが『歯ぐき下がり』と『深い歯周ポケット』の出現です

【第三章】歯周病菌の大暴走!
歯周病菌は酸素が苦手なので、酸素の少ないポケットの中へ集まり暴れ始めます。

深いところまで炎症が進むと、いよいよ歯を支える骨に近づいていきます
歯を支える骨は危険を察知しこの炎症から逃げようと吸収していきます。
★point
歯周病は歯を支える骨まで炎症が進み、危機的状態であります。

この状態からどんどんポケットが深くなり、広い範囲で骨が吸収されたときには
手遅れです。その歯は揺れて、近い将来抜けてしまうでしょう。

 

【第四章】歯肉炎を治したい

▷歯肉炎は歯医者に行って、正しいブラッシング習慣を身につける
しっかり磨いていたつもりでも、歯ブラシが当たっているポイントが違っていた!ということが多くあります。
それでは今回はいちばん簡単な『バス法』という磨き方をご紹介します

1歯ブラシを歯ぐきに向けて斜め45度にセットします。

2小刻みに歯ブラシを動かします

磨いたときに出血するかもしれませんが、痛みがなければ続けて磨きましょう
腫れが強くて磨けない人は、普段より軟らかめの歯ブラシを使うのがおすすめです。
腫れが落ち着いてきたら、硬さを戻して歯と歯茎の境目を磨きます

セルフケアを行っていても、歯ぐきの腫れや赤みが引かない方は歯医者に行って相談しましょう!腫れが強い場合は専用の機械で原因の菌を取り除く治療や、必要な場合はお薬を処方することがあります。
2.歯周病治療に特化したエルビウムヤグレーザーを使用しています。

 

【第五章】歯周病を治したい

▷歯周病はポケットの中の汚れや細菌をとります
歯周ポケットの中は普段の歯ブラシでは届かない部分。つまり自分では掃除できない部分が悪くなっているのです。そのため、歯周病の治療は歯医者に通って治していきます。

1このような先の細い機械を歯ぐきのなかに入れて、中に溜まっている細菌や歯石を取ります。

2歯医者でお掃除を終えた後は、家でのセルフケアが超重要!
歯ブラシを使って歯と歯茎の境目を磨きます。こちらもバス法がおすすめです
そして歯と歯の間にデンタルフロスや歯間ブラシを通して、再びポケットの中に細菌が溜まらないようにします
歯磨きの指導

【最終章】まとめ

炎症の進行具合によって歯肉炎か歯周病なのか決まります。
歯肉炎は自分で行うブラッシングや歯医者でのクリーニングで治すことができますが、
歯周病は悪化すると歯を支える骨がなくなり、歯を残すことが難しくなってしまいます。

予防するためには
正しい歯ブラシの当て方、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方を知って使えるようにする

定期的に(3ヶ月に1回程度)歯ぐきの検査、プラーク(細菌のかたまり)と歯石を除去する

年に1回はレントゲンの写真を撮って歯を支える骨の状態を確認する

ななつ星デンタルクリニック