今回のブログでは歯の詰め物が取れたときの誤った対処法と正しい対処法をご紹介します。

【目次】
1詰め物が取れた時の誤った対処法
①アロンアルファでつける
②放置しておく
③取れた詰め物は捨てる

2詰め物が取れた時の正しい対処法
①早めに歯医者に行く
②硬い食べ物は控える
・まとめ

1詰め物が取れた時の誤った対処法
①アロンアルファでつける 

おすすめしない理由は以下の3つです。
1唾液や細菌が侵入する
唾液による接着力の低下、細菌によって虫歯が広がります。
2余剰ボンドが残って虫歯になる、歯茎が炎症を起こす
詰め物や歯茎にボンドが残り、細菌が集まります。
3簡単に取り外せない・調整できない
容易に取り外しができず、噛み合わせが悪くなります。

2放置しておく
《取れた詰め物を放置すると危険》

詰め物の大きさは大きい程放置すると危険です。
土台と一緒に被せ物が取れたときは歯の根管部分まで汚染が進んでいます。
実際に詰め物が取れてしばらく放置していた人は虫歯が深く進行していました。

3取れた詰め物は捨てる
詰め物が取れたら捨てずに歯医者へ持っていきましょう。
詰め物の適合が良く、内部が虫歯になっていなければ再びつけることができます。

 

2詰め物が取れた時の正しい対処法
①早めに歯医者に行く 
詰め物が取れた場合は早めに歯医者を受診しましょう。
診療室

《詰め物が取れたら歯医者に行く3つの理由》
1その歯が虫歯かどうか診断できる
歯科医師が取れた部分の歯の色や汚染具合を確認します。
必要な場合はレントゲン写真を撮影し、応急処置や治療を行います。
取れた詰め物を再着するか、新たに治療するか歯科医師の診断をもとに決定します。

2歯と親和性の良い接着剤を使っている
歯医者で使う接着剤は歯と詰め物の接着性が良く安全です。
金属やセラミックなど素材に適したものを選んで使います。

3虫歯の進行を防ぐ
早めに歯医者へ行くことで虫歯が最小限の状態で治療ができます。
削る量も少なく、歯の寿命が延びます。

②硬い食べ物は控える
詰め物が取れた歯は健康な歯に比べて、壁が薄い状態です。
硬いものや弾力のあるものを噛むと残っている歯が割れて抜歯になることがあります。
1本抜歯をすると次第に噛み合わせが崩れ、お口全体に悪影響を及ぼします。

・まとめ
詰め物が取れたときは取れた部分での食事は控え、早めに歯医者へ行きましょう。

ななつ星デンタルクリニック