歯周病治療

歯周基本治療の流れ

歯周基本治療の流れ

当院の歯周病治療はここがおすすめ!

01

クリーニング時の痛みやしみる症状を事前に回避します。

02

歯周病治療に特化したエルビウムヤグレーザーを使用しています。

03

保険適応の歯周再生療法『リグロス』を使った歯周外科処置

1.クリーニング時の痛みやしみる症状を事前に回避します。

1.クリーニング時の痛みやしみる症状を事前に回避します。

歯のクリーニング、実は苦手な人が多いという話をよくお聞きします。
これまでの経験でクリーニングのときにすごくしみてつらかった。
お掃除が終わったあとお口の中が血だらけでヒリヒリして恐怖だった。
お水が溜まってつらいけど、なかなか言えなかった。

そこで当院が大切にしていることは3つです。

  • 初診時のカウンセリングでコミュニケーションをとり、これまでにクリーニングや治療でつらい経験をしたことがないかを確認しています。
  • しみるところ、触ると痛いところは事前に声掛けを行います。
  • しみるところ、痛いところは機械を変えてクリーニングを行います。

当院の歯科衛生士は、歯周病の原因となる細菌を減らすため正確な技術を身につけクリーニングを行います。また患者様ひとりひとりとのコミュニケーションを大切にし、快適に治療を受けていただける環境づくりをしています。心配なこと、不安なこと、毎日のセルフケアについて聞きたいことはいつでもお話ください。
お口の中のクリーニングは歯の治療を始める前の大切な処置です。

2.歯周病治療に特化したエルビウムヤグレーザーを使用しています。

2.歯周病治療に特化したエルビウムヤグレーザーを使用しています。

このレーザーは痛みと振動が少なく、人にやさしいレーザーなので施術中や術後の痛みが少ないことが特徴です。当院では歯茎の中に溜まって除去困難な歯石をレーザー照射によって除去を行います。また、膿が溜まって腫れている部分の歯茎に照射して、膿を外に排出する処置も得意としております。
このような歯周病治療を行うことで確実にリスクとなる菌を除去し良い状態へ改善していきます。
突然歯茎が腫れてきた、歯茎に違和感や痛みを感じている方は一度ご相談ください。

3.保険適応の歯周再生療法『リグロス』を使った歯周外科処置

3.保険適応の歯周再生療法『リグロス』を使った歯周外科処置

リグロスを用いる 歯周組織再生療法とは

リグロスの成分は細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。フラップ手術で、 プラーク・歯石などを取り除いた後に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布し、歯を支えている歯周組織の再生を促します。

リグロスの治療の流れ

リグロスの治療の流れ

リグロスは保険適応の処置です。通常の歯周基本治療を終えたあと、炎症や排膿が残る部分や垂直的骨吸収を認める部分に行います。治療後はリグロスによる骨の変化を半年~1年くらいの間隔で定期健診とともにレントゲン写真で確認します。
歯周病になり他院で治療したことがあるが、なかなか改善しない方や、歯を抜歯しないといけないと言われて悩んでいる方はその歯を残すことができるかどうかご説明をさせていただき、リグロスが適している場合に処置を行わせていただきます。

その他当院でできる歯周病治療

歯周病再生治療(GBR)

骨が不足している部分に自家骨や人工骨を盛り、特殊な膜(メンブレン)で覆います。約半年後、不足していた箇所に盛った骨が自分の骨に置き換わります。

フラップ手術(FOP)

中程度から重度の歯周病の場合、スケーリングでは歯茎の奥の歯石まで届きません。フラップ手術はFOP、フラップオペとも呼ばれ、歯茎に麻酔を行い、歯茎を切開し歯根や歯槽骨の一部を露出し手術します。切開後の処置は歯周基本治療でも行う治療と同様で、歯根面に付着したプラークや歯石を目視下で丁寧に取り除いていきます。

歯周病治療の流れ

1.歯周病の検査

1歯周病の検査

歯と歯ぐきのキワにある溝(歯周ポケット)の深さをはかり、歯周病の状態を確認します。 腫れや赤みはないか、出血や膿がでているところはないかお調べします。

2.歯肉縁上の歯石取り・ブラッシング指導

2.歯肉縁上の歯石取り・ブラッシング指導

専用の機器を使って、溜まった歯石やプラーク (細菌のかたまり)を取り除きます。 日常のブラッシングの確認をし、アドバイスをさせていただきます。

3.歯肉縁下の歯石除去 SRP

歯肉縁下の歯石除去 SRP

SRP(スケーリング・ルートプレーニング) 専用の器具を使って、歯茎の中に入り込んだ歯石を 1本1本丁寧に除去します。

歯周病治療の症例

症例 歯周基本治療

治療前 2015/8/5

治療前

治療後 2017/11/13

治療後
症例 歯周基本治療
年代 30代
性別 男性
治療内容 歯周基本治療/スケーリング/SRP
期間 4ヶ月
リスク・副作用 既往歴なし
費用 保険治療

症例 歯周外科治療FOP+リグロス

治療前 2018/2/27

治療前

治療前 2019/12/2

治療前

治療前 2015/7/28

治療前

治療後 2019/12/2

治療後

治療後 2020/3/13

治療後

治療後 2019/11/19

治療後
症例 歯周外科治療FOP+リグロス
年代 40代
性別 女性
治療内容 歯周基本治療:スケーリング/SRP
上下前歯部2回に分けてFOPリグロス
期間 8ヶ月(再SRP何度もしているため、期間確認する)
リスク・副作用 既往歴なし/来院時妊娠中
費用 保険治療

症例 歯周外科治療FOP+リグロス

治療前 2017/12/13 左下4

治療前

治療前 2016/7/24

治療前

治療後 2018/10/31 左下4

治療後

治療後 2019/5/8

治療後
症例 歯周外科治療FOP+リグロス
年代 60代
性別 男性
治療内容 歯周基本治療:スケーリング/SRP
左下4:FOPリグロス
期間 6ヶ月
リスク・副作用 既往歴なし
費用 保険治療

症例 歯周基本治療・歯周外科治療

治療前 2015/1/28

治療前
治療前
治療前

治療後 2019/4/15

治療後
治療後
治療後
症例 歯周基本治療・歯周外科治療
年代 40代
性別 女性
治療内容 主訴:前歯の被せ物が外れた。最初は被せ物が外れたところの処置のみ希望でしたが、むし歯と歯周病による歯茎の炎症が強く、このままでは今後も歯茎の腫れをくり返すことを説明しました。まずはむし歯の治療を行い、仮歯を作製しました。その後歯周病の治療を始めました。歯周基本治療で歯と歯茎の境目と歯茎の中の清掃を行い、再評価をするとまだ歯茎の炎症が残りました。そして歯周外科治療に進み、徹底的に歯茎の中の細菌や歯石を除去しました。治癒期間を経て歯茎の炎症も改善したため最終的な被せ物を作製しました。
期間 7ヶ月
リスク・副作用 既往歴なし
費用 保険治療

お問い合わせは
お気軽に

患者様のご希望に合わせた診療を行います。
今痛みがあるのか、じっくり相談なさりたいのかなどを
予約時にお知らせください。
ご来院の際は保険証・診察券・お薬手帳などをご持参ください。