歯が抜けたまま放置していませんか?

根管治療が必要となるケース

虫歯や歯周病が進行してグラついている歯を見て、“抜けたらそのままでもいいや、ほかの歯を使おう!”などと楽観的に考えていませんか?
歯が抜けたところをそのまま放っておくと、後々大きなトラブルを引き起こすリスクが あり大変危険です。

1.歯を失くしたところに横の歯が移動してくる

数ヶ月~数年単位ではありますが、歯が抜けたところを放置しておくとそこに向かって 両隣の歯が徐々に移動してきます。
加えて抜けた箇所が下の歯である場合、本来噛み合っていたであろう上の歯が落ちてくるリスクもあるのです。さらに逆のこともあり、上の歯がない状態が続くと下の歯が上に上がってくるという可能性もあります。

2.口腔内のパワーバランスが崩れる

歯が動くことで、ものを噛んだ際に咬合のずれが生じた箇所がかなりの強さで当たるようになります。これがダメージの元となり、歯が傷んでしまいます。

3.歯周病や虫歯を発症し、ゆくゆくは総義歯に…

総入れ歯が合わずに悩んでいる方

1.でご紹介したように歯が移動して不正歯列になると、どうしても歯みがきがしづらく口腔内が不衛生になってしまいます。
すると歯垢が溜まった箇所が歯周病や虫歯を引き起こし、ゆくゆくは抜歯をしなければならないという状況になりかねません。
移動した歯の寿命は健康的な歯の半~2/3といわれており、うまく噛めないことで 周りの歯にも余計な負担がかかります。 こうした悪循環が続くといずれは総義歯になってしまうリスクがあるため、歯が抜けた箇所を放置するのは厳禁です。

インプラント関連記事

お問い合わせは
お気軽に

患者様のご希望に合わせた診療を行います。
今痛みがあるのか、じっくり相談なさりたいのかなどを
予約時にお知らせください。
ご来院の際は保険証・診察券・お薬手帳などをご持参ください。

052-875-3383

       

WEB予約はこちら