難症例や他院でインプラントを断られた方へ

他院でインプラントを断わられた方へ

しっかりとした根管治療で歯を残す治療を実施しています

骨が足りないと言われていませんか?

インプラントに必要な骨量が不十分でインプラントができないため断られる患者様がいらっしゃいます。その理由として、具体的には以下のような原因が考えられます。

  • 歯槽骨が不十分な場合
  • 上あご奥歯の骨が、インプラントの幅に適した厚さではない
  • インプラントを埋めこむのにじゅうぶんな骨の厚み・幅がない、あるいは厚み・幅が薄すぎる

当院ではこれまで骨が足らずとも骨造成手術で骨量を補い、難症例の患者様へのインプラントを可能にしてきました。
これには高度なテクニックを必要とし、骨造成治療に対応した歯科医院を選択する必要があります。
ななつ星デンタルクリニックでは難症例治療に要するすべての環境が整っております。他院でできないと言われた方も、まずはあきらめずご相談ください。

当院での難症例治療への取り組み方

他院から転院される患者様の多くは難症例

他院から転院される患者様の多くは難症例

当院では、他院でインプラント治療が不可能と診断された患者様や他院からご紹介いただいた患者様の治療を多く手がけております。
それ以外にも、他院の治療にご満足できなかったり、治療後に不具合が出たりなどの理由で治療を引き継いだり治療のやり直しを希望される患者様も多く、さまざまなケースに対応しております。
まずは一度、ご来院いただき、当院の治療の幅とその詳細をお聞きください。

口腔外科出身の院長がきめ細やかな手術を対応

口腔外科出身の院長がきめ細やかな手術を対応

当院の院長近藤は、総合病院の歯科口腔外科まで、さまざまな環境において数多くのインプラント手術を施してまいりました。そのため、一般的な歯科医院では困難とされる骨の移植も数多く執刀し、サイナスリフト手術と呼ばれる骨が薄い患者様向けの手術にも開院当初から携わってまいりました。また、数多くの学会やセミナーに参加し、常に新たな知識を取り入れながら、より幅広い症状をお持ちの患者様により良いインプラントを提供できるよう、日々取り組んでおります。

当院での骨造成治療の種類

患者様の症状によって、骨造成治療は異なってまいります。たしかに骨造成治療は難症例が多くを占めますが、患者様には治療前に骨造成の仕組みをじゅうぶんに納得していただき、安心して治療に臨めるよう、当院ではできる限りの努力に努めております。

GBR法(上あご・下あご)

GBR法(上あご・下あご)

GBR法は、支台歯と呼ばれる歯を支える歯ぐきのなかの骨の厚みや高さが足りない場合に、骨補填剤を盛りつけ骨のボリュームを取り戻す方法です。盛りつけた骨補填剤の上にはカバーの目的でメンブレンと呼ばれる膜をかぶせたあと歯ぐきを縫合し、数か月後に骨ができてからインプラントを埋入します。

サイナスリフト法(上あご)

サイナスリフト法(上あご)

上あごの骨の高さが足りない場合、上あごの上にある上顎洞と呼ばれる空洞部分に骨補填剤を入れ、インプラントを埋入するのにじゅうぶんな骨の高さを作る方法です。上あごの頬骨の横から小さな穴を開け、上顎洞とシュナイダー膜と呼ばれる薄い膜とのあいだに丁寧に人工骨を詰めていきます。数か月後、骨がしっかりできてからインプラントを埋入します。

ソケットリフト法(上あご)

ソケットリフト法(上あご)

あらかじめインプラントを埋入する場所に専用器具で穴を開け、その穴から徐々に人工骨を詰め骨の高さをカバーする方法です。骨補填剤の充填と同時にインプラントを埋入し、骨ができるのは数か月後になります。

ベニアグラフト(ブロック骨移植)

ベニアグラフト(ブロック骨移植)

上あごの前歯の部分は、唇側の骨の厚みが薄く抜歯すると骨が吸収されてしまうことがあります。骨が吸収されると骨についていた歯肉も退縮するため、どうしても見た目の問題が生じてしまいます。
上あごの前歯部のインプラント治療で行われるのは、ベニアグラフトと呼ばれるブロック骨移植で、手術後も骨と歯肉をしっかり維持する骨造成法です。
おもに下顎や上顎にある自家骨から板状のブロック状の骨を採取し、前歯部の顎骨に貼りつけピンなどで固定します。さらに、形態を整えたり隙間を埋めたりするために人工代用骨を併用してバリアメンブレンという膜で覆い固定します。
ほかの骨造成法と同様、手術後約6ヵ月で移植骨が安定しインプラント治療が可能となりますが、ベニアグラフトと同時にインプラントを埋入することもあります。

骨造成を行わないオールオンフォーと呼ばれるインプラント

オールオンフォーインプラント

オールオンフォーインプラント

総入れ歯で顎の骨の厚みが足りない方は、最新のインプラント治療であるオールオンフォーによる治療を考慮されることをお勧めいたします。この方法は、骨造成をせずに治療を行います。オールオンフォーは4~6本のインプラントで、フルブリッジの歯をしっかり固定する治療法で、手術当日から食事ができるというメリットをもつ新しい形の治療法です。

難症例のインプラントの治療費用

GBR 50,000円
ソケットリフト 50,000円
サイナスリフト 140,000円
ベニアグラフト 140,000円

※人工骨、メンブレン等の材料費は、別途デンタルローン・院内で分割払いが可能です。

オールオンフォーインプラント 2,280,000円

税抜

分割でのお支払いも可能です。

例:オールオンフォー228万円、72回払いの場合

初回 43,372円
2回目以降 37,600円
(72回払いの場合)

※アプラスデンタルローンを使用した場合です。

お支払い方法

現金、クレジットカード、分割払い
当院では様々な方法でのお支払いが可能です!詳しくは当院スタッフにお尋ねください。

\まずは、無料インプラント相談で不安や疑問を解消してください! /

お問い合わせは
お気軽に

患者様のご希望に合わせた診療を行います。
今痛みがあるのか、じっくり相談なさりたいのかなどを
予約時にお知らせください。
ご来院の際は保険証・診察券・お薬手帳などをご持参ください。