インプラントの症例

インプラントの症例

症例1

症例
症例 右上34567、左下456インプラント治療
年代 50代
性別 女性
期間 1年
リスク・副作用  既往歴 喫煙
費用 1,790,000+税

主訴:インプラントをしたい
以前他院でインプラント治療をしたところ、失敗をして自身喪失になり、インプラントに対して恐怖心を抱くようになっていました。部分入れ歯ではお肉もかめず、喋ることも喋りにくくなり、当院を受診されました。当初は不安しかありませんでしたが、約1年に渡って5本のインプラント治療を行いました。現在ではなんでも食べられるようになりました。今後はメンテナンスをしていきながら左側の奥歯のインプラント治療もしたいと仰っていました。

症例2

症例
症例 左下67インプラント治療+骨造成
年代 40代
性別 男性
期間 6ヶ月
リスク・副作用  既往歴 なし
費用 680,000+税

主訴:ブリッジの歯が折れて、インプラントをしたい
5年間ブリッジをしていた奥の歯が折れてしまい、左下の奥歯が2本ない状態でした。インプラント手術にむけてCTを撮影すると、頬側の骨が不足していたためインプラントの埋入と合わせて骨の移植を行いました。その後は3ヶ月しっかり待ってから型どりを行いきれいに被せ物がはいりました。治療後のメンテナンスは本人のご希望により2ヶ月ごとに定期的にcheckとクリーニングに来院して頂いております。

症例3

症例 右下7インプラント治療
年代 40代
性別 男性
期間 3ヶ月
リスク・副作用  既往歴 なし
費用 310,000+税

主訴:インプラントをしたい
右下の一番奥の歯が1本欠損していました。初診時のむし歯・歯周病の検査結果とともに奥歯の治療法をご相談すると、
インプラントで進めていきたいとのご希望でした。CTを撮影し、骨の状態も良好でしたので早速手術を行い、
その3か月後には右下の一番奥にバッチリ被せ物が入って快適な状態でメンテナンスへと進みました。
現在も問題なく3ヶ月ごとにメンテナンスにお越しいただいております。

症例4

症例 右上1 インプラント治療
年代 30代
性別 男性
期間 4ヶ月、現在メンテナンス期間
リスク・副作用  既往歴 なし
費用 380,000+税
インプラント治療(インプラント精密検査、静脈内鎮静法、インプラント治療、骨造成処置)+税

主訴:インプラントをしたい
右上の前歯の差し歯が外れて、これまで通っていたところではブリッジしかしないという説明でした。
当院でのインプラント相談時にCTで診断を行いました。骨の状態を考慮して抜歯と同じ日にインプラント体を埋入する方法で
手術を進めました。手術当日は、周囲の骨を壊さないよう丁寧に抜歯を行い、インプラント体を埋入しました。
骨が不足しているところは一部分自分の骨と人工の骨を移植し、術後は仮歯をつくりました。
その後インプラントと骨が結合する間に下の歯は部分矯正を行いました。
最後は上の歯と下の歯の噛み合わせを考慮して被せ物を作製し、歯並びも噛み合わせのラインも綺麗に変わりました。

症例5

症例 インプラント治療 オールオン4
年代 40代
性別 女性
期間 9ヶ月
リスク・副作用  既往歴 喫煙
費用 2,310,000円+税
(インプラント精密検査、オールオン4治療、静脈内鎮静法)

主訴:インプラントをしたい
入れ歯が大きく違和感がかなり強かったのでインプラント治療をご希望されました。インプラントオーバーデンチャーとオールオン4治療で悩みましたが、違和感が少ない固定式のオールオン4治療を行いました。最終のブリッジが入ると、お口の中が軽くなり楽になった!と仰っていました。現在ではお食事もなんでも食べられるようになり、食べすぎてしまうくらいと満面の笑みでした。
治療前より表情が明るくなり、笑顔がより素敵になりました。

症例6

症例 インプラント治療 上顎臼歯部サイナスリフト
年代 60代
性別 女性
期間 約2年、現在メンテナンス期間
リスク・副作用  既往歴 高血圧
費用 1,930,000+税
インプラント治療(インプラント精密検査、静脈内鎮静法、インプラント治療、ポンティック、骨造成処置〔サイナスリフト〕)  

主訴:インプラントをしたい
左上のブリッジに腫れと痛みがあり来院されました。ブリッジをしていた奥の歯は抜歯を行い、インプラントの計画を立てました。
CTを撮影すると骨が少なく、サイナスリフトという骨の移植を併用してのインプラント治療を行いました。右上の治療途中であった欠損部位には同様にサイナスリフトとインプラントを3本埋入してインプラントブリッジを装着しました。奥歯ができて全体でバランス良くかめる状態に変わりました。

\まずは、無料インプラント相談で不安や疑問を解消してください! /

お問い合わせは
お気軽に

患者様のご希望に合わせた診療を行います。
今痛みがあるのか、じっくり相談なさりたいのかなどを
予約時にお知らせください。
ご来院の際は保険証・診察券・お薬手帳などをご持参ください。