こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はQ&Aのコーナーです。

Q.歯周病は体に悪影響を及ぼすと言われました。どのようにつながっているのですか

A.歯周病が全身へもたらす影響は、今のところ1.血液2.歯周組織3.腸の壁の3つの経路をとると考えられています。これらは相反するものではなく、同時に起こることもありえます。

1.血液から

歯周組織から産生された炎症性物質は、血液中に入って全身をめぐり、肝臓に急性期反応を起こします。その結果、動脈硬化や子宮内の炎症にかかわるといわれているCRPやフィブリノーゲン、血清アミロイドAが産生されます。

2.歯周組織から

歯周病原細菌が、直接歯周組織から体内に侵入することもあります。P.g.菌は血中の白血球や動脈硬化の血栓の中に見つかりました。もうひとつの歯周病の原因菌は胎盤の中に発見され、早産や妊娠高血圧腎症と関連しているとの報告がなされました。

3.腸の壁から

最近発表された新しい仮説では、私たちが毎日口腔内から飲み込んでいるp.g.菌が、腸内細菌の菌叢を変化させることがわかりました。その結果、腸の壁の透過性が高まって、さまざまな物質が通り抜けやすくなります。そして、細菌が出す内毒素が腸の壁を通り抜けて血液中に入ることによって全身的炎症となるのです。

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング

名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

ななつ星デンタルクリニック