こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はQ&Aのコーナーです。

 

 

Q.先日こどもが生まれました。自分が多くむし歯になって大変だったので、わが子にはむし歯ができないようにしたいと思っています。何か気をつけることはありますか?

A.むし歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。ところが、奥歯が生える1歳6ヵ月頃になると、まわりの大人の唾液をとおしてミュータンス菌が赤ちゃんに伝播することがわかっています。世界的にみても、もっとも身近な母親からの感染がいちばん多いので、赤ちゃんのためにも、あらかじめお母さんの口の中のミュータンス菌を減らしておくことが大切です。

元来、赤ちゃんのお口の中に存在しないむし歯菌ですが、奥歯が生える1歳6ヵ月頃に、周囲の大人の唾液を通して感染します。日本人の大人の約9割にミュータンス菌がいると言われていますから、周囲の家族や大人が、自身のミュータンス菌を減らして、赤ちゃんに伝播させないようにすることが大切です。

また、ミュータンス菌は、砂糖をえさにしてグルカンというネバネバ物質をつくり歯の表面にくっついて感染します。複雑な形の乳臼歯が生え、糖分を摂取する機会の増える1歳6ヵ月頃から乳歯列が完成する2歳7ヵ月頃までがいちばん感染しやすいのです。

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング

名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

ななつ星デンタルクリニック