こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はQ&Aのコーナーです。

Q.妊娠すると、お口の中にはどんな変化が起こりますか?

 

A.妊娠すると、唾液の分泌量に変化が現れます。また、妊娠初期には半数以上の方に“つわり”が起き、嘔吐をともなう“つわり”や食べ物の好みの変化により、歯の表面が弱くなることがあります。さらに、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなったり、歯ぐきに問題を起こしやすくなります。

妊娠すると、さまざまな変化が体に現れますが、それにともないお口の中も変化します。嘔吐をともなう“つわり”や嗜好の変化などにより、唾液の酸性度が酸性に傾き、歯のエナメル質が弱くなる可能性もあります。その他、食事回数が増えたり不規則になり口腔内環境は悪くなります。さらに、ブラッシング(歯磨き)が困難となる方も多くいらっしゃいます。

妊婦さんには、唾液の分泌量が減って口の中がネバネバすると感じる方がいる一方で、唾液の分泌が多すぎて気持ちが悪くなる方もいます。また、お口の中の環境を整えている唾液のはたらきが低下するため、お口の中にプラーク(むし歯や歯周病の原因となる細菌の塊)が停滞し、むし歯が発症・進行しやすくなります。さらに、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなったりなど、歯ぐきの炎症(歯肉炎)が起きやすくなるほか、免疫力が低下することから、口内炎や口角びらん(炎症)なども起こしやすくなります。

 

 

ななつ星デンタルクリニック