こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はインプラントQ&Aのコーナーです。

 

Q.体に金属を埋めることが心配なのですが。。

インプラントの歴史は長く、最古のものは紀元前550年ともいわれ、人類は遥か昔から、貝殻や動物の骨などさまざまな素材を用いて失った歯を取り戻そうと試みてきました。最近までは金、銀、コバルト、サファイヤなどの材料で研究され、治療が行われていましたが、どれも人工歯根の素材としては拒絶反応や毒性があり、強度の点からも最適といえるものではありませんでした。

ところが、1965年にスウェーデンの医師ブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する反応「オッセオインテグレーション」を偶然発見したことで、現在のインプラント治療の基礎が確立されました。チタンは人間の体の組織と親和性が高いため骨と強く結合する素材で、腐食や拒絶反応・アレルギー反応がほとんど起こりません。日本でも1985年頃から普及し始め、現在チタンは厚生労働省の認可も受けていて、歯科以外でも人工関節や心臓のペースメーカー、骨折した骨をつなぐボルトなど広く医療分野で使用されています。

また、チタンは非磁性体といってじ磁気を帯びない性質をもっていますので、空港などの金属探知機や病院で行うMRI検査などに影響が出ることもありません。こうしたチタンの特性を利用し、歯の土台の歯根を作り、丈夫で、安定した治療を施すことができるのです。

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング

名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

 

ななつ星デンタルクリニック