こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はQ&Aのコーナーです。

Q.顎の骨が少ないとインプラント治療はできませんか?

A.歯槽骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療では、土台となる顎の骨の量や質が十分にあることが重要になります。

しかし、歯を失ってからの期間が長かったり、合わない入れ歯で軟らかいものばかり食べていると、骨がやせ細ってしまい、インプラントを埋め込むことができない場合があります。これは歯を支えていた骨がその役割を果たさなくなったため退化してしまうもので、「骨の吸収」といいます。また、上顎には上顎洞(サイナース)という空洞があり、下顎と比べてより薄くなっているのが普通です。しかし骨がやせてしまっている方も、インプラント治療をあきらめる必要はありません。患者さまご自身の骨を移植したり、人工の骨を補填して骨を造る「骨造成術」を行うことができれば、インプラントが可能となります。

骨造成術にはGBR法、スプリットコントロール、サイナースリフト、ソケットリフトなどさまざまな術式があり、最適な方法を選ぶことができます。また、使用するインプラントの種類や位置もこの骨造成術に合わせて決めていきます。

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング

名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

ななつ星デンタルクリニック