こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日はプラークを放っておくと歯周ポケットが深くなる、

プラークの危険性についてのお話です。

▶︎▶︎簡単に説明すると。。。

プラークを放っておくと、どんどん歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にできたすき間)が深くなります。歯周ポケットが深くなると、プラークがたまりやすくなり、さらに歯周ポケットが深くなってしまいます。この悪循環を止めるには、ブラッシング(歯磨き)などのプラークコントロールが必須です。

❶健康な歯肉

❷プラークの付着

・歯肉溝さん出液の産生が盛んになる

・歯肉溝さん出液中の好中球がタンパク質分解酵素を放出

・付着上皮細胞間の結合装置(デスモゾーム)の破壊

・細胞間に亀裂が発生=歯周ポケットが深くなる

❸上皮のダウングロース

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング
名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

ななつ星デンタルクリニック