こんにちは、名古屋市緑区の歯医者

『ななつ星デンタルクリニック』です。

本日は”プラークは細菌の塊”についてのお話です。

プラークは簡単に説明するなら、

歯の汚れや垢というよりも、細菌がパックされたものです。つまり、プラークはむし歯や歯周病の原因となる細菌の塊なのです。

プラークは細菌の塊と述べましたが、プラーク1mgあたりにはなんと10億個もの細菌が存在するといわれています。つまようじの先に目に見える程度のプラークを取ると、そこにはおそらく数百億個の細菌がくっついていることになります。

プラークと似たものにバイオフィルムと呼ばれるものがあります。バイオフィルムはぬるぬるした基質(菌体外多糖と粘液層)と水のあるところに形成されます。身近な例としては、台所の排水口に見られる「ぬめり」が挙げられます。

これはお口の中でも形成されます。

このプラークやバイオフィルムを減らすことによりむし歯や歯周病の予防をすることができます!

毎日のセルフケアにて減らしていきましょう(^^)

下の絵はバイオフィルムの構造です。

ななつ星デンタルクリニック 名古屋市緑区の歯科医院です。歯科・一般歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・審美歯科・インビザライン・ホワイトニング
名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市瑞穂区、東海市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は052-875-3383まで。初めての方はネット予約もございます。

 

ななつ星デンタルクリニック