ななつ星デンタルコラム 知って得する歯の健康に関する話

カテゴリ「インプラント」のコラム

スクリューあるいはセメント固定式インプラント上部構造の臨床成績

 

1 過去に報告されたシステマティックレビューにおいては、スクリュー固定式とセメント固定式では、インプラントあるいは上部構造の残存率に有意な差はなかった。

 

2 補綴装置の技術的な合併症は天然歯の場合に比べてインプラントではより発生しやすい。その多くは前装部の破折、スクリューの緩み、維持の喪失である。

  生物学的合併症では、インプラント周囲炎と骨吸収がより高い頻度で発生する。

 

3 生物学的な合併症(2mm以上の骨吸収)はセメント固定式に多く見られ、技術的な合併症はスクリュー固定式に多かった。リトリーバビリティーに優れているため、

  スクリュー固定式が好ましい。

 

4 単冠上部構造における失敗

 セメント固定式の失敗率(0.74)、スクリュー固定式の失敗率(1.85)に有意差はなかった。5年残存率は、セメント固定式で96.37%、スクリュー固定式で91.16%で有意差はなかった。

 

5 固定性ブリッジとカンチレバー

 セメント固定式の失敗率(1.11)、スクリュー固定式の失敗率(1.78)に有意差はなかった。5年残存率は、セメント固定式で94.60%、スクリュー固定式で91.48%で有意差はなかった。

 

6 材料の種類による失敗

 a) アバットメント材料

        スクリュー固定式、セメント固定式補綴装置に使用されたチタンアバットメント、金合金アバットメントならびにセラミックアバットメントの失敗率に有意な差は認めなかった。

 b)補綴装置の材料

   セメント固定式補綴装置においては、オールセラミック修復(0.88)の方が、メタル修復(0.37)よりも優位に失敗率が高く、スクリュー固定式では材料間に有意な差は

   認めなかった。

 c)セメント材料

   失敗率はセメントの種類(リン酸)セメント、グラスアイオノマーセメント、レジンセメントならびにユージノールセメント)の違いで有意な差は認めなかった。

 

 7 合併症

  • 技術的合併症

  スクリュー固定式において、咬合面スクリューの緩みの推定発生率は1.76、充填材料の喪失については0.81となった。

  セメント固定式において、セメントの種類と維持力の喪失の間に有意な差を認めた。

  • 生物学的合併症

   セメント固定式ならびにスクリュー固定式における生物学的合併症の比較検討においては、瘻孔/排膿において統計学的に有意な差が認められ、

   セメント固定式における発生率が高かった。

 

 

  8 考察

  • スクリュー固定式の利点

   リトリーバビリティが良好である 顎間スペースが少なくてすむ

   メンテナンス時、修理時、外科介入時に外しやすい

  • スクリュー固定式の欠点

   精密さが要求される

   アクセスホールの配置を考慮するため、補綴主導の考えに基づきインプラントの配置を行う。

  • セメント固定式の利点

   スクリュー固定式と比べて技工が困難ではないため、費用は低くなる。

   インプラントポジションのずれ、パッシブフィットの補償、審美性の向上、咬合のコントロールが容易

  • セメント固定式の欠点

   インプラント周囲炎や周囲粘膜炎などのインプラント周囲疾患に関連がある余剰セメントを容易に除去できない

 

 

これらの結果より、当院では可能な限りスクリュー固定のインプラント治療を行っております。

 

 

モニタリングとは、患者さんのバイタルサインをチェックすることです。バイタルサインとは、身体の現在の状態を表すさまざまな数値を含めた情報であり、脈拍あるいは心拍数・呼吸・血圧・体温の4つのバイタルサインを観察します。

さらに、意識レベルや尿量などを含めることもあります。 当院では、インプラントの手術を行う際は必ず、脈拍あるいは心拍数・呼吸、血圧をモニタリングしながら安全に手術を行います。インプラント手術では、清潔操作のために患者さんの顔を手術用の布(覆布)で覆ってしまうため、患者さんの表情をまったく観察できない場合があります。その場合でも、患者さんの変化を随時観察することができるモニター管理は必須だと考えられています。

m9961781_nanatubosidental 262

 

歯がなくなった場合は、”必ず歯を補う必要がある”と考えがちでありますが、常に歯を補うことが最良であるというわけではありません。 審美的に問題がある場合を除き、機能が保たれている場合の少数歯欠損については処置しないという選択肢が存在することも忘れてはなりません。 義歯などの取り外しが必要な装置の場合、歯の削る量は最小限であるものの、取り外しのわずらわしさ、異物感、発音障害等が生じやすく、また咀嚼障害や審美障害が十分に改善されないこともあります。 一方、ブリッジなどの固定する装置は多量の歯を削る必要がある上に、支えとなる歯への負担が増加する等の欠点を有しています。 このような歯を補うための装置自体が、またそこから虫歯になる可能性が高くなったり、歯周病のリスク因子になったり、支える土台の歯への過大な負担が土台のはの根の破折を招いたりすることがしばしばあります。 歯がなくなったところへ歯を補う治療の臨床判断は、歯を補う治療を行うことにより、生じるリスクや欠点を大きく上回るか否かを十分に見極めることが重要であります。