ななつ星デンタルコラム 知って得する歯の健康に関する話

抜歯した後の補綴治療(歯を補う治療)の選択基準

抜歯した後の欠損歯列に、必ず補綴治療(歯を補う治療)が必要であると考えがちであるが、常に補綴する必要があるというわけではありません。 審美的に問題がある場合を除き、機能が保たれている場合の少数歯欠損については処置をしないという選択肢が存在することもあります。 可撤性補綴装置(取り外しの義歯)の場合は、歯質の削除量は最小限であるものの、脱着の煩わしさ、異物感、発音障害、自分の歯への過負担等が生じやすく、また咀囎障害や審美障害が十分に改善されないこともあります。 一方、固定性補綴装置(ブリッジ)は多量の歯質削除を必要とする上に、支台歯への負荷が増加する等の欠点を有しています。 すなわち、補綴装置自体は二次翻蝕や歯周疾患のリスク因子になり、支台歯への過大な負荷は歯根破折や歯周疾患のリスク因子になるため、欠損補綴の臨床判断を下すに当たっては、補綴を行うことにより欠損補綴の目的を達成することが、補綴することにより生じるリスクや欠点を大きく上回るか否かを十分に見極めることが重要となります。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます