名古屋ななつ星デンタルクリニック

ご予約・ご相談はこちら
医院ブログ

医院ブログ

blog

舌苔の磨き方(舌の磨き方)

舌苔の磨き方(舌の磨き方)

舌苔を放置しておくと…

●口臭の原因になる

口臭の90%以上は口の中に原因があります。口臭の主成分は口の中の細菌が含硫アミノ酸を分解することにより発生するガスであり、揮発性硫黄化合物と呼ばれています。舌苔は含硫アミノ酸を含む剥離上皮細胞に富むことから、揮発性硫黄化合物のおもな発生原因となります。また口臭がある人とない人とでは、舌苔の細菌構成が異なります。また歯周病になると舌苔も増える傾向があります。

●味覚障害

舌の表面には味蕾(みらい)と呼ばれる、味覚を感じる器官があります。蓄積した舌苔により味の刺激を感じる味蕾が機能しなくなり、味覚障害になる恐れがあります。

●誤嚥性肺炎

食べ物や飲み物、口腔内の分泌物などが気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言い、誤嚥によって引き起こされる肺炎を誤嚥性肺炎と言います。舌苔が多いと、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となる細菌を誤嚥をした時に、細菌が気管や肺に入ってしまうため、誤嚥性肺炎になるリスクが高くなってしまいます。なかでも睡眠中に少量の唾液が気管に入って起こる不顕性誤嚥は、本人も自覚がなく危険です。口の中の細菌を減らす為に舌苔を除去し清潔に保つことがとても重要です。

当院おすすめの舌ブラシの紹介!

歯を磨いたあとにそのまま歯ブラシで舌を磨いていませんか?歯ブラシでは固くて舌を傷付けてしまいます。舌の掃除には1日1回、舌ブラシを使いましょう。ここからは当院おすすめの舌ブラシを紹介します。

舌ケアプレミアム

●デリケートな舌に優しく、舌苔を絡め取るブラシ構造

ブラシ部は片面約800本の極細ソフトナイロン繊維から成り、繊細な舌乳頭を傷付けずに毎日の舌ケアが行えます。極細ナイロン繊維をフック形状に編み込んでいるため、舌乳頭の間に入り込んだ舌苔にも繊維の先端が引っかかり、しっかり汚れを絡め取ります。

●両面仕様で使いやすく、舌の形にフィットするブラシ構造

ブラシは凸面、凹面があるのでそれぞれの面が舌の表面、側面に密着し舌苔を除去します。

●使用方法

①舌ブラシを水で濡らしてから舌に当て、なでるように優しく舌の奥から手前に引く様に磨きます。ブラシの凸面を舌の表面に、凹面は側面に使用します。

②軽く流水で流しながら数回繰り返します。
ブラシに絡め取った汚れが目に見えるので、ブラシに汚れが付かなくなったら磨き終わりの目安です。

③使用後は流水でしっかり汚れを落として、湿気の少ない涼しいところに保管しましょう。

●交換時期

舌の汚れ具合や、使用頻度により異なりますが
1ヶ月を目安に交換しましょう。

今回は舌苔についてお話しました。
歯や口の健康は口の中だけにとどまるものではありません。病気のリスクを減らすためにも、口腔ケアをしっかり行い、お口の中の細菌を減らして清潔に保っていきましょう!

ページトップへ戻る
tel:0529753383 WEB予約